IT企業に就職したい

とにかく、IT企業で働きたいという人は詳しくどんな仕事をしたいかという明確なものを持っている人と、なんでもいいから働きたいという人にわかれます。
IT企業とはいっても例えば経理や事務の仕事もありますから、そこへ配属された場合は一般の企業となんら変わりない仕事となるでしょう。
それでもいいのであれば、特段クリエイティブなスキルがなくても採用される可能性はあるでしょうが、やりたいことがある人にとってはスキルは自己PRの大切な部分となってきます。

また、小さな会社では1人がやる仕事の範囲が広く、例えばイラストレーターだったらデザインをしながら事務もこなしたり、また請求書まで作ることもありますから、幅広く仕事をしなければなりません。
いろいろな経験が積めると考えればメリットですから何でもやるという気持ちで働くのが一番です。
まず自分は1つのことだけに集中して働きたいのか、何でも経験としてやっていきたいのかどちらのタイプかを考えましょう。

しかし、1つのことだけに集中できるような会社は大きな会社なので採用されるには相当なスキルや個性が必要となることを忘れないでおくといいと思うのです。
また、会社に入ったら一から丁寧に教えてもらえるとあまり期待し過ぎるのもよくありません。
ある程度のスキルはあるという認識で教育されることもありますし、その後は自分でスキルを伸ばしていかなければなりません。
また、様々な分野に関しての知識のある人材は求められています。ITという最先端での職種では様々な知識がどこかでつながって新たなものを生み出すこともあるので、知識豊富な方や意欲のある人は今後の活躍を見込まれることがあると思うのです。

ですから、ITだけに集中し過ぎず、幅広い視野を持っている人材である事をアピールするのも方法のひとつと考えられます。まずは就職する事を目標にがんばってみるのもいいと思うのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です